2018-04-27 13.31.04




こんにちは、ワダマコです。
花粉が落ち着いてきたのでハッピーな毎日を過ごしています。
代わりに気温が上がっていて、焙煎室は35℃を超えだしました。
あまりに暑いのでバッサリと髪を切り、さらなる暑さに備えたいと思います。


2018-04-29 17.23.37

最近の出来事


同級生の独立・転職ラッシュがはじまっています。高校の同級生はイベント出店のコーヒー屋にチャレンジ。フリーランスのライターとして旗揚げした方も。

先日は突然LINEが鳴ったと思ったら大学の後輩でした。なんと5年ぶり。そのまま少し電話することになったんですが、どうも向こうの後ろからは鳥がチュンチュンと鳴いている声がしてきます。なんとアフリカからメッセージでした。
青年海外協力隊として西アフリカに赴任していて、そこからの連絡だったのです!

5年も経てば大きな変化があるものだなぁと思いつつ、
私も学生▷サラリーマン▷起業したんでした。
未だに久しぶりにあった友人からは「コーヒー好きだったっけ?」と言われます。。。

同年代のなかでは割と早い起業だったので、これから事業を起こしたい・独立したいという意思を持った方が自然に集まってくるような気がします。

店舗がスタートしてまだ4ヶ月ですが、毎日が刺激でいっぱいです。今年は昨年以上に劇的なスピードで成長ができそうなので、1日1日を楽しみたいと思います。

コーヒーQ&Aコーナー

2018-04-28 14.34.41


❏コクを引きだす水出しコーヒーの作り方


水出しコーヒーにもちょっとした一手間を加えるのが和田珈琲流です。

パックにつめたコーヒーをポットに入れるだけという簡単な作り方がメジャーですが、たったひとつの工程を加えることで、さらにコクのある水出しコーヒーを作ることができます。

その工程とは・・・

「お湯をかけて蒸らす」

です。

コーヒーの旨味成分を溶け出させるためには、豆に含まれる炭酸ガスを放出させる必要があります。
ガスをより放出させる方法は大まかに分けると下記の通りです。

○抽出温度を高くする ▷▷水出しなので温度は高くできない

○細挽きの粉を使用する ▷▷水出しでは細挽きを使用する

○しっかり蒸らす

しかし、▷▷欄に示したように、水出しコーヒーにおいて炭酸ガスを放出させる方法は「蒸らす」しかありません。

ここをしっかり行うことで、ワンランク上のコーヒーにすることができるのです。

手軽さが売りの水出しコーヒーではありますが、ちがいを生み出すのはやっぱりひと手間なんですね。

ぜひお試しください。


本好きワダマコが選ぶ今月の1冊

❏BEASTERS(秋田書店) 著:板垣巴留


擬人化モノです。登場キャラクターは全て動物。この世界では肉食動物と草食動物が同じ都市で共存しています。かつて起こった動物同士の戦争を経て、動物の肉を食べないシステムを法とすることで、平和な日々を創り上げることに成功しました。しかし、肉食は遺伝的に刻まれた本能であるため、中には、活きた肉を食べるものたちもいます。いわば殺人なので、街をゆるがすニュースとなり、警察も出動する。基本的に、人間社会にあるシステムを動物世界に適用したらどうなるのか?というのが本書の面白い設定です。


主人公のハイイロオオカミが所属する学校生活で起きる出来事を軸にストーリーは展開していきます。肉食のなかでも強い部類に入るオオカミは、いかにしてひっそりと生きていくかに必死です。肉食としての本能が抑制できるように、必要以上にかかわらず、なるべく目立たない毎日を凄そうとしています。ちょうど中学生〜高校生くらいの自意識が肥大化している感じがすごく出ていて、読んでいるこちらもむずがゆくなる。自分を守るのに必死なんですが、ちょっとしたきっかけでオオカミは変わっていきます。その一つが出会い。真っ白いウサギへの恋心でした。


恋愛で変わっちゃうんかーいとツッコみたいところですが、僕らも恋してるときはだいたい平常心でいられなかったりするもんなので静観しちゃう。妙にリアルなので、感情移入ができてくるっていうのも魅力のひとつ。気づいたら最新刊まで一気読みしちゃったっていう人多いと思います。
僕もその中の一人です。マンガ賞の受賞も納得の面白さでした。


6月の予定





和田珈琲の場所はこちら⇓



ご案内

和田珈琲LINEでは、新商品の情報やコーヒー豆知識などなどを配信中。
お友だち限定クーポンも配布していますので、ぜひ登録してください。
登録は👇をクリック!


友だち追加



家飲みコーヒーの入門にオススメな記事はこちらから。

自家焙煎珈琲店主がオススメする買っておくべきコーヒードリップ道具5選


ブログの最新情報が知りたければ、ぜひフォローしてください!