1月3日に東京は南千住のカフェ・バッハにて行われた24歳ITベンチャー勤務のハラコくんとの対談模様を掲載します。大学時代の友人で、このたび、雪国からまさかの上京を果たしたとのことで、ちょっとお話ししてきました。

 




 

対談者のプロフィール

Harako kazuki : Twitter(@a_ichiju

理系学士取得後、医療系総合職として働いていたが、上京したいという思いからITベンチャーに転職。現在は、ITエンジニアとして活躍中。

 




 

 

年末年始って帰省しなきゃいけないの?


 

【ハラコ】
あけましておめでとうございます。

 

【ワダマコ】
おめでとうございます。正月は実家に帰ったんですか?

 

【ハラコ】
1週間ほど帰ってました。ワダマコはずっとこっちに?

 

【ワダマコ】
ええ、ひたすら読書とブログ更新してましたよ。

 

【ハラコ】
僕は向こうで風邪を引いてしまって、2日間無駄にしました(笑)

 

【ワダマコ】
寒さで?

 

【ハラコ】
寒かったですね。それに新幹線でウイルスもらったのかもしれません。

 

【ワダマコ】
なるほど。僕は今回帰らなかったので余計に思ったんですけど、あえて正月に帰る必要ってあるんですかね?

 

【ハラコ】
どうでしょう。

 

【ワダマコ】
帰省したときにすることってパターンが決まっていて、親戚に会って、友だちに会うくらいじゃないですか。二、三日するとその生活にも飽きちゃうし。

 

【ハラコ】
飽きますね、確かに。

 

【ワダマコ】
むしろ、1日滞在するだけでもいいと思っていて。それなら、すごい混む年末年始じゃなくてもできると思うんですよ。企業の休み制度にも疑問をもっていて、僕は冬休み1週間を分割して、毎週3連休のほうがいいんじゃないかなって思ってます。

 

【ハラコ】
それはどうして?

 

【ワダマコ】
長期間、あいだを空けてしまうと、生活リズムも崩れてしまうし、仕事の内容もかなり忘れちゃうじゃないですか。でも、3連休ならそうはなりにくいと思うんです。

 

【ハラコ】
それはその通りかも。必要以上に疲れがたまらないっていうのもいいですね。

 

【ワダマコ】
そうです、そうです。だから、僕は10日からの3連休の半分くらい使って帰省する予定です。

 

 

上京とホームシック


 

【ハラコ】
今回帰省してみたら、地元っていいなぁって思ったんですよ。

 

【ワダマコ】
え?そうなんですか?

 

【ハラコ】
なんか、居心地がいいなぁって思っちゃって。県外に出てみて、戻ってみると改めて感じたんですよね。なんでかなぁって考えると、周りの環境なのかなーって。

 

【ワダマコ】
それは面白いですね。出たくて出てきたのに、ホームシックになっちゃうみたいな。

 

【ハラコ】
そうなんですよ。最低3年はこっちにいようって決めてるんですけど。

 

【ワダマコ】
3年?

 

【ハラコ】
仕事覚えるって意味で、特に年数に意味はないんですけど。

 

【ワダマコ】
戻るんだ。でも、戻ってなにをするんですか?

 

【ハラコ】
普通に働きます。最近、おじいちゃんみたいな考えになっていて。安定も欲しいなって感じちゃってるんです。

 

【ワダマコ】
急にきましたね(笑)

 

【ハラコ】
なんか、家族が欲しくなっちゃったんですよね。

 

【ワダマコ】
そうなんだ。

 

【ハラコ】
寂しいっていう感覚が強くなっているのかもしれません。

 

【ワダマコ】
確かに、東京って人は多いけど、みんな周りに人がいないように振る舞ってますからね。知り合いとか親しい人がいないと感じる孤独ってむしろ強そう。でもまぁ、とりあえず、恋愛して彼女つくってから出戻りは考えましょうよ(笑)

 

 

継続とは、愚直であり続けるということ


 

【ワダマコ】
いつだか、自分に自信がないって言っていたときがあったじゃないですか。

 

【ハラコ】
ありましたね。

 

【ワダマコ】
それって、小さな成功体験があるかないかの違いだと思うんですよ。たとえば、僕だったら毎日本を読んでいたりとか、運動していたり、ブログできていたりとかの経験があるので、何かしら行動を起こすときに何とかできるだろうって思うんですよね。

 

【ハラコ】
それが僕にはまだ少ない、と。

 

【ワダマコ】
おそらく。

 

【ハラコ】
確かに僕はあまり物事を継続できないんですよね。鋼鉄の意志がないというか。でね、ワダマコがいろんなことを継続できる理由ってなんなのかなって疑問だったんですけど、僕はワダマコのバカな部分がそれを可能にさせていると思うんです。

 

【ワダマコ】
いや、実際バカですよ(笑)。

 

【ハラコ】
自分が今やりたいことに対して、愚直ですよね。もう愚かに突き進んでいる感じ。将来のことを考えているようで、実は考えていなかったりとか。

 

【ワダマコ】
その通りです。だって、将来のことなんてわからないじゃないですか。テクノロジーの発展を予想するのと、個人の生活を予想するってのはわけが違いますしね。だからこそ、今できることを存分にやるんです。堀江貴文さんのゼロを読んでからというもの、完全に刹那連続主義で通してますね、僕は。

 

【ハラコ】
でも、僕にはそこまでバカになれる自信がないんだよなぁ。性根がマジメというか。

 

【ワダマコ】
いやぁ、それでいくとこれからはマジメな人がバカを見る時代になっていくんじゃないですかね。

 

【ハラコ】
マジメとバカの逆転現象ですか。

 

【ワダマコ】
ひとつの会社で定年まで、っていうのは確率的に低くなっているし、今身につけているスキルが他の会社でも通用するかって言われれば、厳しいですよね。だからこそ、仕事以外にも今興味あることに手を伸ばしておくっていうのは大事なんじゃないかなぁ。

 

【ハラコ】
とりあえず、せっかく東京にいるので、外に出向いていろいろ体験してみることから始めるっていうのがいいかもしれませんね。僕にとっては。

 

【ワダマコ】
そうですね。秋葉原に行って、オキュラスリフトの体験したりとかね。

 

 

ワダマコ書店と読書の話


 

【ハラコ】
ブログはこれからも本の内容でいくんですか?

 

【ワダマコ】
基本は本ですね。他にもやりたいことはたくさんあるんですけど。

 

【ハラコ】
ちなみにワダマコ書店についてちょっとコメントしておくと、僕は、本の引用部分って読んでないんですよね。感想部分をメインに読んでます。

 

【ワダマコ】
そうなんですか!参考になります。

 

【ハラコ】
引用スタイルの記事もいいとは思うんですけどね。割合、オリジナルのほうを読んじゃう。

 

【ワダマコ】
引用スタイルの記事は、森博嗣さんの言葉を借りると「情報にただ反応しているだけ」なんですよね。なので、少しずつですけど、引用を使用しないで自分の考えを書くスタイルの記事も少しずつ書いていってます。それで、ちょっと話は戻りますけど、今注目しているのはインフォグラフィックっていう表現方法です。

 

【ハラコ】
インフォグラフィック?

 

【ワダマコ】
東京メトロの路線マップってありますよね?ああいう感じの画像ですね。情報、つまりインフォメーションを、画像、つまりグラフィックに落としこんでいるっていう意味になりますかね。

 

【ハラコ】
なるほど。確かに、いろんなところで見ているかも。

 

【ワダマコ】
スマホの普及が進むと、もっとニーズが出てくると思っていて。ブログにも一枚画像でつくる記事を出してみたいなぁと。今はまだ存在を知ったっていう段階なので、これから勉強してみます。

 

・・・
【ワダマコ】
若い人ほど本を読めっていう話があるじゃないですか。あれって精神論だと思っていたんですけど、ちょっと違うのかもって思っていて。身体的な意味で捉えるとちょっと違っていて。老眼ですよね。

 

【ハラコ】
あぁ年を取ると、読めなくなってくる、と。その縛りは厳しいですね。

 

【ワダマコ】
老眼になると、読み疲れるのが早いから必然的に読める量も減っていくんです。

 

【ハラコ】
だから、たくさん読めるうちに読んでおけ、と。

 

【ワダマコ】
本好きからすると、かなり厳しいですよね(笑)

 

【ハラコ】
確かに(笑)。それはけっこう深刻かもしれない。僕も読みたいものが多いので、今のうちに読んでおかないとなぁ。

 

【ワダマコ】
お互いがんばりましょう(笑)。それでは、本日はありがとうございました。

 

【ハラコ】
ありがとうございました。ブログの更新楽しみにしてます。

 

 

話題に登場したキーワード関連商品