森博嗣さんの本は以前から好きで、スカイ・クロラから始まり、最近ではもっぱらエッセイ本を中心に楽しませてもらっています。

今回の新作も、やっぱり面白い。毎度興味深いです。引用を交えながら内容を見ていきましょう。


素直に生きる100の講義


 

2014-10-02 22.57.46



ほとんどの言い訳は無意味


 

 
僕はよく「言い訳はした方が良い」と書いているが、多くの言い訳というのは、原因ではなく、結果的に見つけ出された生け贄のことで、その最たるものが「そんな暇はない」だろう。なにも理由が見つからないときに、これを持ち出すのである。だいたい、暇のない人間なんていない。人間は誰も暇だらけだ。暇だから寝ているのだし、暇だから食事をしているのだし、暇だからTVを見て、ゲームをして、酒を飲んで、友達としゃべっているのではないか。全部、暇のせいだ。こういう後付けの言い訳は、はっきりいって無意味なので、しない方が良いだろう。

 

 

都合のいい言い訳は、本来の役割を果たしていないんですよね。本当の言い訳は、その事象に対して原因結果をちゃんと分析した結果がわかっていて初めて口にする意味があると。


 

 

結果についてとやかく言わないのが本当の応援


 

 
僕が書きたいのは、たとえば、そのオリンピック選手のために自分の金を自主的に寄付する人、これを使って下さいと言った人ならば、その選手の結果がどうであれ、絶対に文句を言わないだろう、ということである。「応援」とはそういう精神のもののはずだ。株のように「投資」をしたのではない。負けて帰ってきても、「ありがとう」と感謝が言えるのが、本当の応援というものだろう。応援することで、心が豊かになれるのだ。

 

 

大きな大会があると、負けちゃった人にはバッシングがあったりしますよね。サッカーなんてボコボコに言われまくってるじゃないですか。終わったことに対して、悪口をグチグチ言ってるのってなんでなんですかね?勝っても負けてもよくやった!って言えることが本当の応援なんですよね。

という具合にうなずきまくり。

 

 

 

技術は簡単にポイ捨てしちゃいけない


 

 
どんなに悪そうに見えるものでも、絶対に駄目だということはそうそうあるものではない。たとえば、核ミサイルは絶対にいらない、と言われるかもしれないが、この技術を持っていないと、小惑星が地球に衝突するような大災害を防ぐことができないかもしれない。絶対にいらないものだが、技術としては持っていた方が良い、と僕は思う。

 

 

今現在の状況だけに囚われて、感情的な判断をしていやしないか。原発の問題だってそうですよね。エネルギーが今後も火力だけでずっとまかなえていけるかどうか、誰にも保証はできません。いざというときのためにも、技術は捨てずに発展させておいたほうがいい。と考えていたら、

 

 

 
民主主義というか、資本主義というのか、つまりは、今の社会は、こんなふうに破綻するのかな、というイメージがだいぶ現実的になってきた。ギリシャやイタリアをよく見ておこう。もっともっと出てくると思う。そうなったら、まあどこかの国に助けてもらうしかないだろう。それは中国かもしれない。それが嫌なら、税金をもっともっと高くして、原発も必死になって研究した方が良い。すぐに稼働しろというのではない。研究を進めておくべきだ、ということ

 

 

ということもおっしゃっていました。

 

 

 

日本で少しずつ変わってきていること


 

 
日本は大赤字を抱え、原発も停まっているから、どんどん石油を買わなければならない。日本人はしだいに貧乏になる。ものの値段は少しずつ上がっていくはずだ。給料が上がるよりも、そちらの方が早いと思う。  その兆候は既にある。みんなが基本的に関係しているもの、電気、鉄道、ガス、食べ物、税金が全部高くなっていくだろう。少しずつだけれど確実に値上げになる。

 

 

消費税が8%に上がってから、毎日の買い物の端数が増えていますね。単に消費税分だけならそれほどの変化ではないんでしょうけど、モノの価格自体が少しずつ上がってきているなぁという印象を僕も受けています。

 

 

もう少し考えを巡らせてもいいんじゃない?


 

 

森博嗣さんの本を読んでいると、身の回りの出来事に対していかに自分が思考していないかを毎度説かれているようで意気消沈気味です(笑)

 

少し考えると、ちょっとしたニュースにもワクワクすることが出来たり、少し先の未来を想像することが出来たりしてそれはそれは楽しいんですよね。

 

ついつい、流れるままに身を任せて世の事を判断しがちですけど、そればっかりもよくないでしょ、と言ってくれているのが本書。

 

何にも考えていないなぁ自分。と思うような人にぜひ手にとってもらって、たくさんのヒントをもらってみてください。

 

そこらの講義よりよっぽど有益ないい本ですから。

 

 








素直に生きる100の講義


新品価格
¥1,404から
(2014/10/2 23:13時点)