世間では、錦織選手の活躍ぶりが話題となっていますね。

 

錦織効果で、ジャパンブランドであるYONEXの株価が急上昇しているようで、

 

度々トップニュースに上がっています。



YONEXといえば、僕からするとバドミントンのイメージしかないのですが、

 

世界的に見ると、YONEXの市場シェア率はバドミントンのほうがテニスよりも高いんですよね。

 

トッププレイヤーは頭から足までYONEXで固まっています。

 

もちろん契約している選手ですが、圧倒的にその人数が多い。

 

 

テニスに比べれると、それはそれはマイナーなスポーツなんですが、ワダマコ書店ではスポットライトをあてて関連するものを紹介していこうと思っています。

 

第1弾は漫画!

 

バドミントン青春漫画


 

2014 09 07 20 20 23

 

以前、マガジンで連載されていた作品で、全18巻の長編となった作品「スマッシュ」

 

2014 09 07 20 23 24

 

ある日、主人公の翔太が部活に行くと体育館横で涙を流している女の子と出会います。

 

2014 09 07 20 22 41

 

彼女はもちろんバドミントンプレイヤで、格好からして強者です。この出会いが彼のバドミントン人生を大きく変えることになる・・・。

 

2014 09 07 20 23 08

 

ラブオールプレィはバドミントンのゲーム開始の挨拶で、

剣を合わせるが如く、羽を打ち合います。

 

2014 09 08 20 28 39

 

他にも、細かいところでバドミントンの肝とも言えるテクニックが解説されていたりして、経験者からすると、わかるわかるという箇所がたくさん出てきます。

 

バドミントンを扱った題材はかなり数が限られていて、なかなか漫画でふれる機会がないのが現状ですが、近頃は少しずつ点数も増えてきています。

 

というのも、バドミントンはめちゃくちゃ熱いスポーツなのです。

 

先日開催されたトマス・ユーバー杯というサッカーで例えるならW杯で、我が国日本はなんと史上初の優勝を勝ち取ったのです。

 

次のオリンピックあたりでは、日本人選手の活躍が前回以上に見られるはずです。

 

東京オリンピックまでにバドミントンの世界を知ってみるのはいかがでしょう。ぜひぜひ読んでみてください。

 








スマッシュ!(1) (少年マガジンコミックス)