こんにちは。ワダマコトです。

和田珈琲は、ネット通販にて「ゆうパケット」なる方法をつかっていました。

1回の送料も300円以内におさまるので、てごろな方法だったんですが、「クリックポスト」に変更しました。

その理由は「安い・時短・手書き不要」です。
おって解説していきますね。


ゆうパケットって?

ゆうパケットは角型2号の封筒サイズで、あつさが3cmまでの商品を発送できるサービスです。以前は、大量に商品を発送する法人や事業主のためのサービスで、契約したかたのみ利用できるものでした。現在は、個人でもつかえるようになっています。

ゆうパケット ー 日本郵便


ぼくは2016年の開業にあわせて契約しまして、およそ1年ほど利用していました。
おかげさまで、通販の送料は包装費なんかも含めて180円におさえることができました。

しかし、発送は指定の郵便局に自分でもちこむ必要があって、毎度の移動がけっこうムダな時間となっていました。
ついでに運動不足解消しようと思って、自転車で行くようにしていたのでなおさらですね(笑)

さらに、契約の場合は年間の差しだし件数ノルマがあって、それがけっこうなハードルでもありました。


クリックポストに替えたワケ

安い:1件164円

クリックポストは、ほぼゆうパケットと同じサービスです。
支払いにヤフーウォレット決済をつかわなければいけないだけで、発送にかかわるところを基本同じ。

それでもって、全国164円均一なのです。

なんだ、契約していなくてもさらに安いサービスがあったのか・・・


時短:ポスト投函できる

発送にポスト投函できるのもいいポイントです。
たまたま近くにポストがあるので、わざわざ郵便局まで行く必要がなくなるんですね。
自転車でいくと、郵便局まで20分ほどかかっていたのでだいぶ時短になりました。
運動がへってしまうのは、ほかのところでカバーします(笑)


手書き不要:ラベルは印刷すればOK

さらに、発送先を記入するのもラクチンです。

ゆうパケットの場合は、専用のラベルシール貼りつけ+住所を手書きしていました。
クリックポストだと、ウェブで発送先を打ち込んで、印刷するだけなんです。

パソコン1台で完結してしまう流れは、ぼくにピッタリでした。


まとめ:送料お安くなりました

というわけで、和田珈琲のネットショップ送料が180円 → 164円になりました。

青森県内だと、注文したつぎの日には届くくらいのスピード感となっております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 
ご案内


家飲みコーヒーの入門にオススメな記事はこちらから。

自家焙煎珈琲店主がオススメする買っておくべきコーヒードリップ道具5選


ブログの最新情報が知りたければ、ぜひフォローしてください!




鮮度にこだわる、最高級のコーヒーを自宅でも!
和田珈琲のお試しセットです。

otameshi のコピー