2714a485.g


こんにちは!ワダマコト(@wada_makoto_)です。


最近、電気ポットをティファールに変えました。
実際に使ってみてのティファールポットの魅力は、「①手頃な値段 ②ストレスフリーな使い心地 ③掃除がラク」というところに集約されます。


以前はホームセンターで売っている1,500円くらいの製品を使っていたんですが、サーモが調子狂ったり、お湯の注ぎがばらついていたり、水がたれたりしていて不満だらけでした。


結局のところ「いかに使いやすいか」が大事なわけで、ティファールを買って大正解でした。

ティファール・ジャスティンプラス

 


ティファール電気ポットはこれ。

シンプルなデザインで、値段もネットで買えば2,000円台で手に入ります。
(百貨店や量販店だと4,000〜5,000円しますけど・・・)



オススメポイント

1.注ぎがスムーズ

注ぎ口にフィルターがかましてあるので、注ぎがスムーズです。

「コーヒードリップもそのままできそう!」

というくらい滑らか。

2.水がたれない

注ぎ口の形状のおかげで、水切りがしっかりされます。

安い電気ポットは、注ぎ口から湯がたれて、周りがビショビショになることがあるんですが、そんな面倒ごとも気にしなくてOK。


3.湯量が目でわかる窓つき

なんだかんだいってこれが重要。

「このあと何しようかな〜」

「今日はなんの服着ていこうかな〜」

なんていう考え事をしながらでも、一発で入っている湯量がわかるのがいいんです。


窓がついていないと、ポットの内側を覗きながら水を入れないといけないので、ストレスなんですよ。



寝ながらできるくらい、掃除も簡単


ちなみにティファール・ジャスティンプラスは、口が広いのでスポンジで掃除するときもかなり楽です。


使い込んで、ステンレス部に水アカがついてしまったとしても、クエン酸をつかえば簡単に掃除できます。

詳しい方法は下の記事に書いてあります。


【過去記事】電気ポットにこびりついた水垢の簡単な掃除の仕方


要約すると、掃除の仕方は、

「クエン酸を適当に入れて、スイッチ入れてしばらく放っとけ」


まとめ


和田珈琲は、あまりに気に入ったので2台目を購入しました(笑)。



ご案内


家飲みコーヒーの入門にオススメな記事はこちらから。

自家焙煎珈琲店主がオススメする買っておくべきコーヒードリップ道具5選


ブログの最新情報が知りたければ、ぜひフォローしてください!




鮮度にこだわる、最高級のコーヒーを自宅でも!
和田珈琲のお試しセットです。

otameshi のコピー