coffee lover
coffee lover / Miss Ichijouji



コーヒー好きはカップにもこだわる。


喫茶店に行けば、カウンター奥にところ狭しと並べられたたくさんのカップ&ソーサー


最近のコーヒーショップではマグカップにたっぷりとドリンクを入れるのが主流ですね。


スターバックスだと厚めのマグで提供されるので、店内でゆったりしていてもコーヒーの温度は冷めにくかったりもします。


家庭で飲むときには、保温性があるカップだとまったり飲めるのでいいのですが、雪国暮らしの僕の場合、室温が低いのであっという間に冷えてしまうんですよ。


これはカップをあらかじめ温めておけば、ある程度抑えられるんですけど、面倒なんですよね〜。


欲を言えば、シャレてて保温性バッチリなやつがあればいいんですが、まぁなかなか見つからないものです。


僕は趣味でコーヒーグッズを毎日のようにAmazonで検索するんですが←

なんかチラッと出てきたグラスがあったんですよ。
 



それがこのダブルウォールグラス。


ビールとか冷たいドリンク用のものかと思っていたんですが、どうもホット飲料にも使えるらしい。


これは使ってみなければと思ってポチりましたよ。


iwaki ダブルウォールグラスの全貌

 
そもそもダブルウォールとはなんぞや、という方のために説明しておくと、二重構造になっているグラスです。


二重構造になっていることによって、外気とコーヒーとの間に空間ができます。


熱というのは、接しているカ所に温度差があれば、どちらも同じになるように変化していきます。


気温が10℃
コーヒーが100℃

だったとすると、二つの温度は近づくんですね


実際にはコーヒーの量に対して、空気(気温)の量がハンパなく多いので、液体は気温に近づいていきます。


そんなわけで、アツアツのコーヒーは次第に冷めていく!


ですが、空気とコーヒーの間に層ができることによって、熱の伝わりがゆっくりになります。


二重構造の原理によって、保温性に優れたカップになっているわけですね。


もちろん、いくらダブルウォールになっているからと言って、飲みくちのところは開いているのでそこから熱は逃げていってしまいます。


が、空気と接している部分が50%以上少なくなることで、温度低下をゆっくりにさせることができるんです。


寒い地方にお住いの方ならご存知の、二重窓と同じ理屈ですね。 



手に持ってもアツくない


ダブルウォールグラスの特徴はその保温性にあるわけですが、さらにいい点があります。

手で触ってもアツくねぇんですよ、こいつは。


なので、マグカップに必要なハンドルの部分がなくてもいいんです。


手を添えるようにして持って飲むことができる!


カップのハンドルって、大きさがまちまちでちょうどいいサイズのものがなかなかないんですよね〜


湯呑みだったら全く問題ないので、こういうのを探してたんですよ!


なによりオシャレ


僕がダブルウォールグラスの購入に踏み切った理由は、the見た目。


ファーストインプレッションでめちゃオシャレだと思いました。


機能性はもちろん大事ですよ。


でも


でもです。


やっぱり最初は見た目から(笑)


これにコーヒー淹れて飲んだらうまそ〜と思った、そこにつきます。


実際にコーヒーを入れてみるとこんな感じ。



光が当たるとクリアな琥珀色に見えるんですよね〜


シャレたグラスに入れたコーヒーを楽しむまったりとした休日。


最高です(笑)



冷たい飲み物ももちろんOK


時期的に寒い時期にこの商品を購入したので、アツアツのドリンクに関しての説明ばっかりでしたが、コールドもバッチリ。


試しに冷蔵庫で冷やしたビールを注いでみましたが、キンキンさが持続します。


30分くらいで缶一本飲みきれる方なら、冷たいまんまのウマーイビールを楽しめます。


水滴がつかない


氷を入れてジュースを注ぐと、グラスの外側には水滴がつきますよね。


これも液体と外気の温度差が原因なんですが、ダブルウォールのおかげで、これも解消。


結露しないんですよね!


いちいち拭き取る必要がないので、超快適。


耐久性が不安


唯一不安なのが耐久性です。


二重構造を作っているので、通常のカップとは違い空間がありますよね。


なので、ちょっとした衝撃でも割れてしまったり、傷がつくんじゃないかと心配しています。


まぁガラス製の商品は、みんな落とせば1発アウトなので、仕方ないですよね。


とりあえず、テーブルにグラスを置く時はガツッといかないようにしています。


購入希望される方は、社会のストレスでついガンっとグラスを置かないようにお気をつけて。


ダブルウォールグラスを出しているブランド


今回僕が購入したのは「Iwaki」というブランドのダブルウォールグラスでしたが、他のブランドでも出しているので紹介します。


ただ、モノによっては2個入りセットでしか販売していないところもあるので注意が必要です。


コーヒー好きの皆さんはご存知のブランドたちも名を連ねていますよ♪

ボダム(bodum)




浅煎りスペシャルティコーヒーを取り扱うお店が増えると同時に、知名度を上げたボダムもダブルウォールグラスを販売しています。


口が当たる部分のガラスが1枚になるように設計されているので、口当たり良好。

ただし、その分、耐久性や結露防止の機能は弱めです。


丸みがあるフォルムが可愛らしいですね。 


基本的に2コセットでの販売です。
今回は1コだけとりあえず欲しかったので、僕は購入を見送りました。



ハリオ(HARIO)




コーヒー好きの間で知らない人はいないV60ドリッパー。

海外のコーヒーショップでもつかわれるほどの人気ドリッパーなわけですが、メーカーであるハリオは実は耐熱ガラス製造の会社です。


本社は日本。

デザインはハリオシリーズお馴染みのウェーブがかったものとなっています。

このデザインで好みが分かれるところではないでしょうか・


僕はハリオにするかIwakiにするかで悩んで結局Iwakiにしてしまいましたが、次回はハリオを試す予定です。



イワキ(iwaki)





iwakiシリーズは全体的にリーズナブルなものが多いです。


ガラス製品を多く扱う会社で他にも、ウォータードリッパーなんかもあります。

シンプルなデザインが特徴的。


僕の好みと合致してるんですよね〜
余計なものがないっていうのが好きなんです。



まとめ


家にあるカップってなんとなくの理由で選んでるものがほとんどです。


もしくは貰い物をつかっているとか。


特に理由もなくつかっているものって、これを買うっていう「決め手」がないからそうなってしまうと思うんです。


毎日使うものだからこそ、ちょっと気になる部分を満たしてくれるものが必要。

だけど、なかなかそれに見合うものが見つからないんです。


ダブルウォールグラスは、見た目と機能性を備えたなかなかの逸品です。

値段もそこまで高くない。
1こ1000円ちょっとですからね。


2コセットで買って、家族や友人とのコーヒータイムを彩るにはピッタリなカップだと思いますよ。