KAZ20140208-P2080083_TP_V



こんにちは!ワダマコト(@wada_makoto_)です。


本州最北端の青森県で暮らしています。

青森ともなると、1月にはマイナス気温の日が続くので、冷え性だと毎日辛いんですよね。

僕は手足の冷えが特にひどくてですね、室内でもソックス2枚履きしたりします。

ストーブで部屋18℃になっても、手足だけは全くあったかくならないんだもの。



外出となると、冷えはもっと深刻です。

凍ってんじゃないだろうかっていうくらい手足キンキン。

もちろん、手袋してるし、スノーブーツ履いてますよ。

でもダメ。近所で買った5,000円のもこもこブーツじゃ、性能が低くて、雪国の寒さにめった打ちにされます。



なので冬が来るのが毎年イヤだったんですが、ようやっと満足いくブーツに出会いました。


それが、THE NORTH FACEの「NUPTSE WP5 MIL NF51681」。ウォータープルーフのブーツです。


THE NORTH FACE WP5 MIL について

ブーツの概要


まずは概要から

名品として高い人気を誇るヌプシブーティーシリーズです。
素材には、撥水加工を施したクラシックな表情のナイロン生地を使用し、テックプルーフ™防水メンブレンを組み合わせています。
中わたには、軽い履き心地で暖かいプリマロフト®インサレーションを封入。
さらに、低温下でも硬化しにくいTHE NORTH FACEウィンターグリップラバーアウトソールと、氷面を捉えるウインターアイスポッドをソールセンターに配置。
フライトジャケットをイメージしたデザインが特徴です。
引用 - Amazon

 

スペックを書き出すとこうなる。


  • メイン素材: ナイロン
  • ソール素材または裏地: ラバーソール
  • アッパー:撥水加工リップストップアッパー、TEKWPROOF防水メンブレン、PrimaLoftインサレーション、足首ホールドシステム内蔵、カップインソール、 ボトムユニット:圧縮成型EVAミッドソール、ラバーアウトソール
  • 男女兼用 平均重量:390g(9インチ)
引用 - Wikipedia


なんのこっちゃっ!て感じですが、冬靴としての機能をガチンコで追究している商品だと思って下さい。


そもそもノースフェイスってなに?


1968年、米国のカリフォルニア州バークレーで創業。高品質のグースダウンを惜しげもなく使用したクオリティの高いスリーピングバッグ、
ダウンパーカの原形ともいえるシェラ・パーカ、世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」など、一切の妥協を許さず、高機能を追求し、
テクノロジーの限界に挑戦し続けてきた世界のアウトドア・ブランドです。
引用 - Amazon

アウトドア商品の有名ブランドなんですよね。

待ち行く人を見ていると、シャカシャカしたマウンテンパーカやバックパック、ブーツなんかでつかっている人が多いです。



ヌプシブーツの見た目


まずはモノを見ないことには始まらんので、まずは現物写真をば。

僕が購入したのは27センチです。
「US9」というサイズ。


9cbf95e7.g

靴の内側はオレンジで、けっこう映えます。

ac1bf49b.g


赤いロゴがワンポイントに


06aa9c1f.g


ソールは凹凸が多いです。

コンクリ歩きだとすぐに減ってしまいそうな気もする。


aea9c858.g


ストラップつきなので、口が絞れます。

d0ec3ddb.g


45e34ea3.g


ネット通販の場合は、US表記がほとんどです。

1センチ刻みのサイズラインナップで、26.5センチとかのハーフはないですのでご注意を。


実際に使ってみて感じたメリット

どんな靴なのかはわかったと思うので、雪国でつかってみてのレビューいきましょう。


メリット1 コタツ並みのあたたかさ


ヌプシブーツの防寒性能はかなりすごいです。

中わたにプリマロフトっていうのが採用されてるんですが、この素材は元々アメリカ陸海軍でつかわれていたものなんですよ。


軽くて丈夫でかさばらないっていうので評価されてたんですが、これがアパレル業界にも目がとまって、今や有名ブランドがこぞってつかってます。


さらにこのブーツは、足をいれるところにストラップがついていて、履いたあとに口をキュッと締めることができるのです。


このことによって、外気がほぼほぼ侵入できなくなります。


元々防水性に優れていて、継ぎ目から冷気が入ってくることが少ないこともあって、保温効果が抜群なんです。


面白いことに、冬の青森で外出しても、足先だけはポカポカ状態をキープするんです。


むしろ、外気にさらされている太もも・ふくらはぎのほうが寒く感じるくらい。


5分も歩けば、運動したことによる熱もあって、足先はまるでこたつの中にいるような温度感に。


もちろん、歩かずにただ突っ立っているだけだと、そこまで熱くはなりませんが、

暖房の効いたお店なんかに入ると、すぐにあったかくなります。


メリット2 雪道でも滑りにくいホールド力


靴底には、小さな凹凸部がたくさんあるので、摩擦が生じやすくなります。


雪道でも、凹凸が引っかかってくれるので、スノーブーツとしては良品ですね。


さすがに、完全に凍ってるようなツルツル路面だと滑りますが、それはどんな靴でも滑りますから、そこまでの性能をもつ靴はないと思ったほうがいいでしょう。


メリット3 軽いので歩き疲れにくい


中わたに軽量素材をつかっていることと、ソール部分も必要最低限の構成になっているので、非常に軽いです、これ。


ブーツのくせに370gですからね。


街で若い男子が履いているのを見かけるティンバーランドタイプののブーツだと、約700gなので、半分くらいの重さですね。


雪道は、積もっている雪の厚みに足を取られることがあるので、重いタイプよりは軽いほうが歩きやすいです。


コンクリートのように固い道路を歩く分には重いほうが接地がしっかりして歩きやすかったりしますが、雪道は逆ですね。


軽くてなんぼ。



メリット4 オシャレかつ人と被らない


実はノースフェイスのヌプシブーツを履いている人は街なかでよく見かけます。


なんですが、無地タイプを履いている人が圧倒的。




こういうの。


無地タイプはお値段も手頃なんですが、かなりな確率で被ります。


「wear」でのコーディネートもヌプシブーツの無地タイプはめちゃくちゃあるんですが、カラーロゴのタイプはほとんど掲載されていません。

http://wear.jp/brand/thenorthface/shoes/boots/


ノースフェイスは有名ブランドなので、オシャレとしては手堅い選択なんですが、

「人と被るからやだー」っていう人には赤ロゴタイプは本当にオススメ。


なんせ僕がそうなので(笑)。


メリット5 撥水&防水機能 

今回紹介しているのはヌプシブーツでも上位モデルに属するんですが、なんといっても撥水加工されているのがいいんですよ。


上で紹介した無地タイプは防水じゃないですからね。


7addddba.g

実際に、水滴を垂らしてみました。


バッチリですね。


さらにテックプルーフと呼ばれる防水生地が練り込まれているので、撥水プラス防水の完全雪国使用なわけです。


テックプルーフはTHE NORTH FACE独自のメンブレンで、高度な防水性・透湿性に加え、結露防止機能を実現しました。

引用 - https://www.goldwin.co.jp/tnf/technology/


履いてみてわかったデメリット


と見出しを書いてみたものの、デメリットらしいデメリットがわからない。


強いて書くならば、サイズ選びですね。


履き口が少し窮屈


買ってみて気づきましたが、履き口の伸縮性があまりないんです。


使い込んでいっても、そこまで口は広くならなそうなんですよね。


なので、実際に靴を履くときは足を突っ込むだけじゃ履けなくて、両手でブーツを支えながら履く感じになります。


その他のブーツも紐結んだりする手間があるので、あまり気になりませんけどね。



横幅がちいさめ


Amazonのサイズレビューでもわかりますが、「ちょうどいい」という人と「ちょっと小さい」という人がほぼ同数です。


04


これは横幅が少し小さめな作りになっていることが原因でしょうね。


僕は気になりませんでしたが、足幅が広めな方や甲が高い方はジャストサイズよりもワンサイズ大きいものを選ぶといいと思います。


もし、大きめだったとしても、厚手の靴下や中敷きで調整できるので、「ちいさい」ものを選ぶよりは大きめのほうが外しにくいですよ。


僕の場合は、普段UNIQLOのカラーソックスを履くんですが、この厚さで靴のフィット感とジャストです。


ヒートテックソックスのような厚手のものだと、ちょっとだけキツイ感じのストレスはありますね。


オススメな買い方


僕はAmazonで購入しましたが、そのときはたまたまセール価格で13,600円でした。


が、Amazonは在庫の変動が激しいので価格も頻繁に変わります。
(2017年1月23日現在、同じブラックカラーの27センチは17,000円となっています)


なので、楽天購入がオススメです。


楽天は、ざっくりですが15,000円前後での価格販売になっています。


なんと11,800円(送料無料)のものもあります
(そっちにすればよかったぜ・・・)。


僕は急ぎで欲しかったことと、価格が楽天平均よりも安かったのでAmazonを選びましたが、これから購入するという方は楽天をウォッチしておくとよいでしょう。



まとめ


僕が購入したカラーはブラックでしたが、他にも3種類のカラーリングがあるので、最後にまとめて紹介します。



[AB]エアフォースブルー




ネイビーカラーでロゴは黄色になっているタイプ。


[SG]セージグリーン




こちらはロゴが黒。本体は薄めのカーキですね。


[OD]オリーブトラブ




ロゴがグレイベースで文字がゴールドになっているタイプ。


[WK]ブラック




最後に僕が買ったブラック。ロゴの映え具合で行ったら一番はっきりしてます。
(そこに惚れた)