こんにちは!ワダマコト(@wada_makoto_)です。


ジャズマンガの『BLUE GIANT』がおもろいですね〜。
あんまりのめり込んでしまって、数年前に仙台の定禅寺ジャズフェスティバルを見に行ってきましたよ。


主人公がサックスを吹くんですよね。荒削りでストレートな音色を。
その舞台の1つとなったのが、定禅寺ジャズフェス。


ついつい聖地を巡礼したくなってしまうほどの熱量。
人を動かすチカラをもった作品ですよ。


最新刊では、上京後サックス・ピアノ・ドラムのトリオを組んで活動してます。
1巻1話毎にその3人組が高みへ向かって成長していっているさまを追えます。


圧巻なのは演奏シーンなわけですが、動き・汗・音が響いている様が怖いくらいに伝わってきます。


ファイル 2016-10-21 0 56 31 (1)
 
バイトをしながら食いつなぎ、ギャラと呼ぶには少なすぎるライブ代で生計を立てる若者たちの立志ストーリー。
と括るには簡単ですが、ぶるぶると鳥肌が立つっちゅうのには足りない。


僕がコーヒー屋で食っていこうともがいているから響くのかもしれない。
同世代が夢に向かってがんばっている姿に心打たれるのかもしれない。
若者のがむしゃらな頑張りが大人を動かす、そのシーンに憧れるのかもしれない。


とにもかくにも若い人には響きまくりのマンガです。
うわぁーって打ちひしがれる人は、「俺、全然がんばってないやん」と思わされる。
やりたいことがある人は、さらに行動する意欲をかきたてられる。


若い人に絶対的な自信をもってオススメするマンガなのです。





ご案内


ブログの最新情報が知りたければ、ぜひフォローしてください!




鮮度にこだわる、最高級のコーヒーを自宅でも!
和田珈琲のお試しセットです。

otameshi のコピー