こんにちは!ワダマコト(@wada_makoto_)です。


僕は大学院卒で入った会社を2年でやめて、コーヒー屋をはじめました。

半分は勢いだったので、その後に待ち受けるお金の話をちょっと楽観視しすぎていた部分があったんですよね。特に、税金の話。


税金は昨年度の収入ベースで決まる


サラリーマンをやっていると、納めている感覚になりづらい各種税金ですが、
これは昨年の収入を元に決まっています。


手元にある給与明細の税金額をみてみてください。
毎月数万円は納めていますよね。


税金徴収がされて、手取りの給料がでているわけです。


そして、これらの税金は、会社を辞めたあとも当然支払わなければいけません。
所得税、住民税、国保税がありますね。

しかも、税金は昨年の収入で決まりますから、独立した年の税金は、
サラリーマンとして働いていたときに稼いでいた額を元に決まります。



脱サラして、すぐに同じレベルの収入を得られる方は心配無用です。
そうでないかた、その分は貯金しておかないといけません。
税金の支払いだけで、カツカツになってしまいますよ。


国保税と年金には減免制度がある 


独立して、1年目からサラリーマン時代と同等の収入が得られるのであれば、
税金の支払いで心配することはなにもありません。


が、起業してすぐにお客さんがついてくれるかどうかはわかりませんよね。
多くの場合は、収入は激減するでしょう。


そうなったときに、前年度収入ベースで決まる税金はかなりキツイ。


ですが、日本にはこういったときのセーフティーネットとして、減免制度があります。
国民年金であれば、免除申請することで、全額・一部などの納付を免除することができます。
国民健康保険についても、収入見込みを申告することで、
その1年間の税金について、減免をするかどうかの審査をしてくれます。


支払いが大変な時期に、こういった制度を利用できるのはかなりラッキーですね。
年金は、さかのぼって納付することができますし、国保税も稼げばその分取られますので、恩返しと思って納税すればいいんです。


住民税は払わなければいけない


住民税には免除制度がありません。
なので、この分については余裕をもって支払えるようにしておきましょう。


給与明細にすべて記載してありますから、1年換算にするとどれくらいの額になるのか、
サラリーマンはさらっとしか見ていないと思いますが、
自分がどれくらい払ってるのか把握しておいて損はありません。


会社が代行して払ってくれていますが、自分の給料から出していることに変わりないです。
「実感」することが重要です。


ぼくの場合は年間で15万くらい支払っていました。けっこうな額ですよね。
新卒なら同じくらい払っていると思いますよ。



足りなければアルバイトすればなんとかなる


退職後に必要なお金について事実をお伝えしてきましたが、
この内容をしって、会社やめたい!のにやっぱやめようかな・・・と思った方。
ちょっと待って下さい。


税金は確かに大きな額の支払いです。が、もし足りなかったら、アルバイトすれば払えるレベルの金額です。
独立すれば、最初から売り上げが立つわけじゃありません。出費もあるでしょう。


でも、ネットをつかって、初期投資を限りなく抑えて、固定費も抑えてはじめれば、売上が低くてもなんとかなります。それでも足りなければ、1日数時間でもバイトすれば、払えないことはありません。


どうせ仕事を辞めて、自由にやってくんなら、本業やりつつ、アルバイトしてようが、
プライドもへったくれもないですよ。


軌道に乗るまではそんなもんです。


退職後のお金の話。知っておけば、いざ納付書が来たときにもあわてなくてすみます。
せめて、これくらいは把握して、気持ちよく独立に踏み切りましょう!


ご案内


ブログの最新情報が知りたければ、ぜひフォローしてください!




鮮度にこだわる、最高級のコーヒーを自宅でも!
和田珈琲のお試しセットです。

otameshi のコピー