こんにちは!

青森の宅配専門コーヒー豆屋
和田珈琲 代表 和田 誠 です。


コーヒーをハンドドリップで淹れるときは、ドリッパーを使用するのが一般的です。
が、コーヒー粉を買ったはいいものの、道具がないよ!
という方もなかにはいらっしゃるでしょう。


そんなときのために、ドリッパーの代替品をアナウンスしておきます(^^)
今回、登場するのはタイトルどおり『茶こし』!

tea-strainer
tea-strainer / bongo vongo



使い方は簡単です♪
マグカップに茶こしを載せて、粉を淹れてお湯を注ぐだけ!
 

お使いの粉によっては、微粉がカップの中に入ることもあります。
が、お茶っ葉が入ったのと同じようなものなので、最後ちょっとだけ残せばOK。


それもイヤな方には、微粉を減らす『裏ワザ』をこっそり教えておきましょう。
これも超簡単。


茶こしにコーヒー粉を入れたあとに、茶こしをシャカシャカと振ります。
そうすると、茶こしから微粉がふるい落とされます。
茶こし外表面にもビッシリとつくので、デコピンして落とすのもいいですね。


うぉりゃーーー
と、日頃の恨み辛みをぶつけて、強く弾くと、普通のコーヒー粉も吹っ飛ぶからお気をつけて。



さらに微粉を減らしたいというこだわり派の方は、「コーヒー粉を粗挽き」で使用することをオススメします。
粉の粒度が大きいので、茶こしのメッシュ幅よりも大きいものが増えて、カップに落ちにくくなります。



肝心の味わいはどんなもんか・・・というと。
フレンチプレスで淹れた味に近いです。 



コーヒーはにごりがあって、表面にはキラキラと油分が光っています。
すっきりというよりは、こってりな味わい。


店主オススメは濃い目に入れて、好みの濃さまで「お湯で割る」パターンですね。
茶こしドリップでも、良い豆を使っていれば美味しいコーヒーが楽しめますよ(^^)
ぜひお試しあれ! 



ご案内