職業としての小説家 (Switch library)

職業としての小説家 (Switch library)

  • 作者:村上春樹
  • 出版社:スイッチパブリッシング
  • 発売日: 2015-09-10



紀伊国屋書店が村上春樹さんの最新刊『職業としての小説家』の初版の9割を買い占めたことが話題となりました。本の内容とは別のところで、話題となってしまいましたが、実際に読んでみて、紀伊国屋書店が買い占めに走った理由もわからなくもないな、というのが正直な感想でした。ずばり、本書は面白いのです。村上春樹さんのこれまでの生涯と小説に対する向き合いかたとが丁寧に優しく、読者である私たちに語りかけるように綴られる自伝的エッセイとなっています。



大学を卒業したあと、ジャズ喫茶を経営し、毎日毎日働き詰めの毎日を過ごしていた著者。借金も返さなければいけないなかで、空いた時間に本を読み、小説も書いていたというのがすごいです。必死でそんな風に考えたことはなかったのかもしれませんが、僕らからみたら努力の人です。長編小説を書く際の姿勢もまさに努力努力努力の精神が伝わってきます。



当然ファンは必読の本です。これまでの著作の裏話なんかも出てきますから、なにかしら読んだことがある人はぜひ手にとってみてください。自伝的エッセイですから、小説を読んだことがなくても大丈夫です。日本を代表する小説家の仕事に対する姿勢というのは、今の自分の生き方に影響を及ぼしてしまうくらい、エネルギーにあふれたものであることがわかるでしょう。



売れる本には様々な理由がありますが、本書は事前報道の広告効果によって売れるものではなく、内容が素晴らしいから、たくさんの人に読まれる本なのです。




 
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

  • 作者:村上 春樹
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2004-09-15
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

  • 作者:村上 春樹
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日: 2013-04-12